企業情報

ごあいさつ

社長近影

三徳化学のホームページにご訪問いただき、ありがとうございます。

当社は1955年(昭和30年)に創業し、半世紀以上に渡り半導体産業で使用される「高純度 過酸化水素」のメーカーとして、時代とともに変化するお客様のご要望に真摯に取組み、高品位な製品を安定的に供給する事を第一と努めてまいりました。

会社創立60周年の節目に当たる2015年には、BCP対応としまして西日本地区での生産体制を確立すべく広島に国内2番目の工場を竣工しました。
また、主幹工場である宮城工場におきましても、2020年に最先端の設備を導入した新工場を竣工し、これからの半導体需要の急拡大に対応する体制を構築いたしました。

半導体産業はデジタル化が加速しており、AIや自動運転などさらなる拡大が期待されています。
当社は、半導体産業の重要なサプライヤーとしての自覚を持ち、たゆまぬ革新と創造、化学の力で常に先端技術への挑戦と安定供給の強化を図り、これからも社会に貢献してまいります。

三徳化学は、企業の社会的責任を自覚し、公正・誠実な事業活動を行い、持続可能な社会への貢献と企業価値の向上を目指します。お客様、従業員、地域社会との交流を通じて、事業活動を推進し、すべてのステークホルダーの皆様とともに、豊かで明るい未来をつくるために最善を尽くしてまいります。今後とも一層のご理解とご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

代表取締役 社長 下本孝司

お問い合わせ

ご質問やご相談を承ります。
お気軽にお問い合わせください。

ページの先頭へ